(282)可愛くなくても好感度上げる方法【婚活パーティマンガ】

Sponsored Link





コラム

まあ、そんなたいそうな事は全くないです。
文章も苦手なので、適当です。
そこをご承知でお読みください。

私は根暗だし性格終わってって友達がいませんでした。

ガチぼっちです。
そこで、ずっと一人でもんもん考えていました。

 

どうやったら友達が出来るんだろう・・・
どんな人だったら友達になりたいだろうと思うだろうか?

 

私だったら・・・
心が温かくて、穏やかで、ニコニコしている人がいいなあ。
そんな人だったら、ほっといても人は寄ってくるよなあ。

こんな人って、異性・同性・年代問わず好かれますよね。
人間力が高い人って。

人に好かれる人。
そんなひとをもんもんと考えた結果、
「心が温かくて、穏やかで、ニコニコしている人」と

シンプルちゃあシンプルな答えにたどり着いたわけです。

それを働き出してから心がけていました。
私はまったく上記のような人じゃありません。むしろ正反対。

暗くて心の中はドロドロギズギスイライラ。引きつり笑顔。
↑こんなやつ、公害以外の何者でもないんです。
近寄りたくもない。
私自体、自分が嫌で嫌で仕方がないっ!
キモ、キモ、キモッ!

え、もう。自分もって世界中から嫌われてるってことじゃん。
がち鬱。
そんなん、もうイヤでした。

だから理想の「心が温かくて、穏やかで、

ニコニコしている」になるために意識し始めました。
意識するのとしないのって全然違います。
アファメーションっていう何回も、

理想の自分のイメージの言葉を

自分に宣言するっていうのをやりました。

アファメーション

新品価格
¥2,090から
(2020/2/4 22:09時点)

アファメーション・ブックレット 大好きなわたしになる


理想の穏やかにニコニコ笑ってる女性の写真を

ネットから拾ってきて印刷して、いつも目のつくところに貼っていました。
その人の、笑顔を真似てニコッと笑う練習したり。
毎日、気づいたら

「私は 心が温かくて、穏やかで、ニコニコしている人間です」って

呪文のように繰り返していました。

忘れがちだから、手に小さくマジックで「笑顔!」って書いてました。
とまあ、頑張ってずっとそういう姿勢を心掛けてたんです。

婚活の場でもそれは活かしました。

「心が温かくて、穏やかで、ニコニコしている人」 だったら、

相手との会話でも常に相手を思いやりますよね。
プロフィールや相手自身をみて、

『あらさがしより宝探し』

そうすると、ここはどんな感じなんだろう?

聞いてみようって相手への質問がポンポン浮かびます。
質問されるとそりゃあ、私自身嬉しい。
興味を持ってくれるのかなって思うから。
(婚活で質問しないってないって気はしますが;)

この人の素敵なところ、多く見つけるゲームだって思って相手を見ると、

値踏みするような目とまた違って、

柔らかめの眼差しになれる気もします。
太陽がニコニコ優しく笑ってるのを

ずっとイメージしていました。

トーク力はもちろんなし。
話すぞって力まなくても、穏やかにニコニコ、大きく相槌打ってもらうと
私自身嬉しいし、安心する。
だから自分もそれを心掛けた。

そんくらいなもんです。
私だったら、こんな人がいいなってのをイメージして自分もそうなりきってみただけです。

かどなしもる。


↑妹と私がよく参加してた婚活パーティです

今日もお読みいただきありがとうございました!


妹が成婚したサイト
にほんブログ村 漫画ブログ コミックエッセイへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ

18+
タイトルとURLをコピーしました